Surfinist

サーフィニスト*波ノ上ニアル非日常ヘ

*

サーフィンを楽しめる!パドリングやテイクオフ練習に向いている初心者向けのサーフボードとは

      2015/10/27

ALOHA〜♪

サーフィンはそのスタイルによって選ぶサーフボードが変わります。

サーフボードはショートボード、ファンボード、ロングボードと分けられていて
文字のごとくショートは短いボード、ロングは長いボードになります。

ファンボードはショートとロングの中間の長さになります。

サーフィン初心者はこのファンボードを使ってパドリングやテイクオフの練習がオススメ!

浮力のあるボードでサーフィン初心者は練習しよう

浮力があるサーフボードは反発力が強いので海の上でも安定していてバランスも取りやすく、パドリングに慣れていない初心者でも進みやすいのが特徴。

サーフボードの浮力はショートボードは弱く、ロングボードは強くなります。

サーフボードの浮力は長さ、幅、厚さによって決まるので、ボードの面積が大きければ大きいほど浮力は増します。

そのため、

浮力があるサーフボードはスープや小さな波でも滑り出してくれるためサーフィン初心者のテイクオフ練習にも最適なんです!

ショートボードがサーフィン初心者の練習には向かない理由

ショートボードでももちろん練習はできますが、
浮力の弱いショートボードでは腹ばいになってバランスを取ることから初心者には難しいです。
(経験済みw)

バランスを取れても浮力が弱いためパドリングしてもなかなか進みません。
(これも経験済みw)

ましてや湖のように水面が穏やかではなく海には「波」がありバランスがシビア!
(もちろんこれも経験済みw)

はっきり言って

サーフィン初心者がいきなりショートボードで練習するとパドリングすらまともに出来ません!

分かります。ショートボードでかっこよく波に乗りたい気持ち・・・

でもぼく達、初心者サーファーは背伸びをしないで長さや幅のあるファンボードで練習した方がいいんです。

ショートボードでパドリングにあぷあぷしてテイクオフどころじゃないよりも
ファンボードの安定した浮力でパドリングやテイクオフの練習をした方が精神衛生上にもゼッタイ良いです!

せっかく海にサーフィンしに来たのに溺れて終わったとかストレス溜まりまくりますよね。

ロングボードもいいですが

ロングボードはサーフィン初心者でも上級者でも対応するナイスなサーフボードです。

ただ、海やボードの取り扱いに慣れていない初心者サーファーは注意が必要!

というのは長さがあるため海での取り回しが大変でヘタしたら他のサーファーにぶつかるかもしれません。

また浮力があるということはスピードも出やすいので簡単には止まれません。

体験サーフィンスクールのようにスープで練習するのは構いませんが初心者のうちは波のサイズが上がると沖に出るのも大変です!

初心者サーファーこそファンボードでしょ

選ぶサーフボードでサーフィンの難易度が変わります。

サーフィンを始めたばかりの方や海やボードの扱いに慣れていない初心者サーファーはファンボードで練習した方が効率的!

変な見栄やかっこつけでサーフィンできないよりも
楽しんでサーフィンを練習していきたいですね

ファンボードは文字通りサーフィンを楽しめるサーフボードなんです!

さいごに

サーフィン初心者はまずパドリングに慣れること。
小さい波やスープで波に押されてボードが走る感覚を掴むことが重要!

海でのバランスやパドリングができるようになるまでは
インサイド(岸寄りのポイント)でしっかり練習したいですね。

photo credit: Anna (Rusia) via photopin (license)

 - サーフィンTIPS